読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンディプロジェクトのブログ

舞台を中心としたプロデュースユニット、キャンディプロジェクトの公式ブログになります。ツイッターはじめました「@canpro88」

外部のお仕事 4/20~24

急な話でありますが、来週より劇団虚幻癖さんの公演に音響オペレーションで参加することになりました。

あらすじを読んだだけでワクワクする、実に私好みの作品! 劇団さんのテーマは「人間の狂気と世界の不条理性を呈示する」だそうです。坂口安吾ファンとしては胸アツですね。

お時間ある方はぜひ足をお運びください。

 

【以下、公演詳細】

 

劇団虚幻癖 第6回本公演

ロザリオ薔薇

脚本・演出:島岡昌平

 

(あらすじ)
2つに分かたれた世界。その片側でエレンは目覚めた。
見覚えの無い場所に狼狽する彼女に対し、傍らに立っていた見知らぬ男・アベルが告げる。「ここは異界です、お嬢様
しかし居合わせた姉妹は、ここは夢だ、現実だ、と口々に違うことを言う。動転するエレンをよそに、あちらこちらに次々と現れる人々。その中に誰一人彼女の知る顔は無い。
互いの世界について分かっていることは、姿は見えるし会話も出来るが触れられないということ、人々は相容れない価値観を持っていること。それだけにも関わらず、みんな世界の在り様を疑うことなく、異世界の人々と時に言い争いをしたりしながら、曲がりなりにも平和を保っていた。しかし或る時、いつの間にか接触が可能になっていたことが発覚する。
人々は喜ぶが、アベルが発した、「異なる空間の融合は不可能であり、どちらかの世界が消える筈だ」という言葉を境に、軽い口喧嘩だったものは熾烈な論戦へと変わり、諍いは激化していくーー。

 

【日程】

 4月20日(水) 13:30(A) / 18:00 (B)
    21日(木) 13:30(B) / 18:00 (A)
    22日(金) 13:30(A) / 18:00 (B)
    23日(土) 13:30(B) / 18:00 (A)
    24日(日) 12:00(A) / 16:00 (B)

 ※Aチーム・BチームによるWキャスト公演になります。

 ※開場は開演の30分前です。

 ※全席自由席となります。

 

【劇場】

 明石スタジオ

 ※JR高円寺駅より徒歩5分

 ※劇場までの地図 → 明石スタジオご案内

 

【料金】

 前売・当日 3500円

 

【HP】

 詳細は劇団さんのホームページをご参照ください。

 http://www.kyogenheki.net/#!blank/mwxvj

第四回舞台公演『熱海殺人事件―売春捜査官』12/4~6

f:id:hoi-candyproject:20151116160308j:plain

ご無沙汰しております!

9月に行った、演劇と音楽ライブの融合『現代訳 春琴抄――ハルノオト』終演から、はや2ヶ月、すでに次の公演が迫ってきております。

稽古等々に忙しくなかなかブログを更新する間もなく…

ということで、12月の1週目上演の次回公演についてご案内させていただきます。

今回は、つかこうへい先生の代表作「熱海殺人事件」シリーズより「売春捜査官」を上演! 熱く、泥臭い、小劇場演劇の醍醐味が詰まった作品になっております。

どうぞご来場くださいませ!

 

※前売ご予約は、ページ中ほどに専用フォームへのリンクがございます。

 

******************************************************************************

キャンディプロジェクト第四回舞台公演

熱海人事件売春捜査官

作:つかこうへい

 

【あらすじ・みどころ】

東京警視庁。木村伝兵衛部長刑事は、取るに足らない事件を、自分好みの華々しい事件に仕立て上げることで名を馳せていた。八王子署より「ある目的」を果たすため転任してきた、かつての恋人 熊田留吉。部下で同性愛者の桂万平刑事。恋人を殺した容疑者 大山金太郎。四人が熱海海岸で起こった殺人事件に向き合っていくなかで、見えてきたものとは――。

つかこうへいが1973年に送り出した『熱海殺人事件』。生々しい感情を、どこまでも愚直に、熱く表現することで、大きな反響を得た。その後、舞台と登場人物は同じながら、様々な設定とテーマによって複数のバージョンが上演され、今回は『売春捜査官』に挑む。木村伝兵衛が女性である本作は、特に異色の「熱海殺人事件」として人気も高い。

 

【公演日程】

今回は2チームが、それぞれの「熱海殺人事件 売春捜査官」を上演!

12/4(金)★19時半~

12/5(土)★14時~ / ◎19時~

12/6(日)◎13時~ / ★18時~

※★キャンディプロジェクト/◎EgHOST

※開場は開演の30分前になります。

 

【料金】

前売2,500円/当日3,000円

 

【ご予約】

ご予約は下記予約フォームよりお願い致します!

※★キャンディプロジェクト/◎EgHOST

シバイエンジン-prism-webフォーム

 

【劇場】

高田馬場ラビネスト

http://www.rabinest.com/map.html

JR・東京メトロ高田馬場駅 徒歩7分/東京メトロ西早稲田駅 徒歩3分

 

【出演者】

《キャンディプロジェクト》

脚色・演出:キャンディ江口

演出助手:嶋田あや

出演:谷川はる

   高山涼

   斉藤誠

   キャンディ江口

   岸本脩平

   肥沼潤一

 

《EgHOST》

脚色・演出:櫻井宇宙(EgHOST)

演出助手:尾高彰一郎(EgHOST)

出演:まついゆか

   南条ジュン(鳥の首企画)

   菅沼樹【Wキャスト・5日出演】

   竹田真季(株式会社FreeK)【Wキャスト・6日出演】

   福満さちこ(シーグリーン)

   川原翔(ソークエンターテイメント)

第三回舞台公演『現代訳 春琴抄 ―― ハルノオト』 9/18~20

皆様、こんにちは!

今回は、今月中旬に上演します演劇公演の情報をお知らせいたします!

前売チケットをご希望の場合は、ページ中段のメールアドレスより、メールでご予約ください。皆様のご来場を心よりお待ちしております!

 

*****************************************************************************


キャンディプロジェクト 第三回舞台公演
『現代訳 春琴抄――ハルノオト』

原作:谷崎潤一郎『春琴抄』
翻案・脚本・演出:キャンディ江口

 

【あらすじ・みどころ】
谷崎潤一郎が1933年に発表した中編小説『春琴抄』。舞台を現代におきかえ、新たな解釈を加えながら翻案作品として今回上演する。
視力を失い盲目の世界に生きる絶世の美女、春琴。春琴と彼女の音楽を盲目的に愛する男、サスケ。二人の世界は、暗闇に覆われているのか、光に包まれているのか――。

主演の饗庭純は、2015年10月にレインボーエンタテインメントより、1st mini album『Haku』をリリース。彼女の生演奏が作品に彩を加える。その他の役者・スタッフ陣も実力派が集結。

 

【日時】
9/18(金)20時~
9/19(土)14時~/19時半~
9/20(日)13時~/18時半~
※ 開場は開演の30分前
※ 開演前後に、日替わりゲストによるミニライブ開催予定

 

【料金】
前売り2,500円/当日3,000円/高校生以下(要証明)1,500円
※ワンドリンク付き

 

【会場】

池袋GEKIBA

アクセスマップ 演劇ライブハウス 池袋GEKIBA
※JR池袋駅西口 徒歩8分
 東京メトロ副都心線 池袋駅「c3出口」より徒歩1分

 

【チケット予約・お問い合わせ】

hoi.candyproject@gmail.com

※前売チケットご予約の場合は以下のひな形をご利用ください。

 タイトル:『現代訳 春琴抄』チケット前売予約

 本文:

 《ご予約日時》(例:9/19 19時半~)
 《お名前》(例:山田太郎)
 《よみがな》(例:ヤマダタロウ)
 《人数》(例:2枚)

 《備考》高校生以下の場合はその旨、お書きください。また、当日は学生証など、高  校生以下であること証明できるものをご持参ください。

 

【出演者】
 饗庭純
 大原史也
 有本愛貴(劇団スタートダッシュ)
 キャンディ江口
 ほか

 

【スタッフ】
 照明プラン:本田純也
 照明操作:赤須加奈
 音響プラン:キャンディ江口
 PAエンジニア:高橋慎一郎
 音響操作:肥沼潤一
 制作:榎本貴子
 宣伝美術:佐藤莉子

キャンディ江口とは??

キャンディプロジェクト主宰

 

 

【経歴】

中学のころより演劇をはじめる。

同志社大学「演劇集団Q」2006年度座長。大学時代、プロデュース公演を多数主催。

2008年より出版社㈱中央経済社に勤務。その傍ら、2009年秋に演劇プロデュース公演の主体として「キャンディプロジェクト」を発足。演劇に限らず、あらゆるエンタメ作品を発表する「場」とするため、活動を広げる。

2015年出版社を退職。現在、フリーライター。シナリオライティング、舞台演出、舞台音響、役者などとして活動。

㈱リスター所属。「江口信」名義で俳優として活動中。

 

【CONTACT】

各種ご相談・ご依頼はトップページ下部の、メールアドレスよりお願いいたします。

 

(ライティング)

フリーライターとしてWEB記事を中心に活動中。舞台脚本の執筆も行っています。

ライター経験:出版社㈱中央経済社に七年間勤務。その後、退職してフリーライター。Penyaやバイラルメディアなどで活動中。一般記事から、シナリオライティングまでお仕事を募集しています。

 

(舞台演出)

 20本以上の演劇公演で演出をしてきました。自作脚本の演出が多いものの、既成作品も。演出のご依頼もお気軽にどうぞ。

他団体演出参加作ドンペリ饅頭『マッド・オレ』/大谷ぴぃこ一人舞台『花魁四十九手』など

 

(役者)

30本以上の舞台作品に出演。映像関連としては、㈱リスターに所属。

他団体参加作:夢ノ島企画『夢フェス春の短編演劇祭』/アートパフォーマンスユニット Dolphin Blue『2015年ファイナルスペシャル公演』/いすゞのトラックCMなど

 

(舞台音響)

音響のプランニング、オペレーションを承ります。

他団体参加作:京都ロマンポップ『復活』(音響オペレーション)/劇団虚幻壁『ロザリオと薔薇』『夢幻の血脈』(音響オペレーション)など