キャンディプロジェクトのブログ

舞台を中心としたプロデュースユニット、キャンディプロジェクトの公式ブログになります。ツイッターはじめました「@canpro88」

キャンディプロジェクト!!

 

キャンディプロジェクトのブログにようこそ!

 

本記事は、ブログの玄関になります。

 

 【2018年4月公演・出演者募集!】

 2017年11月末まで募集致します。詳細は下記ページを参照ください。
 http://candyproject.hatenablog.com/entry/2017/11/11/014953

 

【NEWS】

第六回舞台公演贋作イワンのばか』が、新聞「日本とユーラシア」に取り上げられました。

実際の記事はこちら → http://candyproject.hatenablog.com/entry/2017/09/13/010600

日本ユーラシア協会HP  →  http://jp-euras.org/ja/

 

【現在展開中のコンテンツ】

チャレンジ系動画企画「サムライ×未来人」全12回をYoutubeで順次公開中。

肥沼潤一とキャンディ江口のタッグでお送りする。

詳細ページ → http://candyproject.hatenablog.com/entry/2016/11/10/232609

 

ツイッター始めました!】

  → 「@canpro88」をフォローください!

   公演情報や稽古の様子をアップしております。

   キャンディプロジェクト (@canpro88) | Twitter

 

 

 

【キャンディプロジェクトについて知りたい方は、以下をご覧ください!】

 

 

キャンディプロジェクトとは??

 

主宰キャンディ江口が、様々なエンタメ企画をプロデュースするために2009年に立ち上げたプロジェクトユニットになります。企画ごとに最適なメンバーを集め、作品をリリースしています。

 キャンディ江口とは??

お問い合わせ先hoi.candyproject★gmail.com(★を@に変えてお送りください!)

 

 

【これからの活動】

●2017年12月 キャンディ江口 外部出演
 劇団裸眼と眼鏡 第七回公演『奇策剣 冬の雷』
 http://ragantomegane.wixsite.com/ragantomegane/about2-cu3j

●2018年春 第七回舞台公演 上演予定

 

【これまでの活動記録】

2009年秋 「キャンディプロジェクト」としての活動を開始

2010年2月 第一回舞台公演「ハレンチフレンチ」(at 荻窪メガバックスシアター)

  :オムニバス形式のコメディ短編集

2013年12月 第二回舞台公演「約6000秒の奇跡」(at 新宿サニーサイドシアター)

  :キャンディプロジェクト×夢ノ島企画miniの共催公演

   キャンディ江口・夢ノ島越前公園脚本によるオムニバスコメディ短編集

2015年5月~ フルボイス ビジュアルノベル「嘘つきへびのみた夢は」公開

  :ニコニコ動画youtubeで公開中。若手声優によるビジュアルノベル風動画。

   特設HP:http://usohebi.com/

2015年9月 第三回舞台公演「現代訳 春琴抄――ハルノオト」(at 池袋GEKIBA)

  :歌手 饗庭純とのコラボによる音楽劇。原作:谷崎潤一郎春琴抄

   http://candyproject.hatenablog.com/entry/2015/09/02/152547

2015年12月 第四回舞台公演「熱海殺人事件 売春捜査官」(at 高田馬場RABINEST)

  :つかこうへい原作によるアングラ芝居を「劇団EgHOST」とWキャスト公演。

   http://candyproject.hatenablog.com/entry/2015/11/16/160322

●2015年12月 外部出演(アートパフォーマンスユニット Doiphin Blue「2015年ファイナルスペシャル公演」)

  :コント出演(キャンディ江口・肥沼潤一)

   http://www.types.jp/01-special-db6.5/index.shtml

●2016年6月 第五回コント公演「極上ヴァージン♪」(at じゃがいも村小劇場) 

  :オムニバス形式のコメディ短編集。肥沼潤一氏との共同主催。

   http://candyproject.hatenablog.com/entry/2016/05/10/173153

●2016年9月 外部出演(時代絵巻AsH 「白瓊〜しらぬい〜」)

  :キャンディ江口が外部公演に出演。第28回池袋演劇祭参加作品。

   http://candyproject.hatenablog.com/entry/2016/08/15/030151

2016年12月 外部出演 (ニューフェイスプロジェクト「美修羅」第四話公演) 

  :キャンディ江口が外部公演に出演。殺陣ありダンスありのエンタメ時代劇。

   http://candyproject.hatenablog.com/entry/2016/11/28/231233

●2017年3月 第六回舞台公演「贋作イワンのばか」(at 池袋GEKIBA) 

  :トルストイ『イワンのばか』を翻案。ミュージシャン MARASHOUT!とコラボ。

   http://candyproject.hatenablog.com/entry/2017/02/04/024034

●2017年4月  外部出演(劇団カンタービレ「新入社員のイジメ方」)

  :キャンディ江口が外部公演に出演。ベテラン揃いの社会派人情コメディ。
   http://candyproject.hatenablog.com/entry/2017/03/27/214703

●2017年6月  外部出演(劇団思い出づくり4「くろたさんのわりとよくある日常」)

  :キャンディ江口が外部公演に出演。サブカルシュール系不条理コメディ。 
   http://gekiomo.com/

 

 

【お問い合わせ】

お問い合わせはいずれも下記のメールよりお願いいたします。

新たな企画と出会いを求めて!

お問い合わせ先hoi.candyproject★gmail.com(★を@に変えてお送りください)

役者募集!(2018年4月上旬 舞台公演)

来春開催される「キャンディプロジェクト第七回舞台公演」において、出演者を若干名募集致します。
要項をお読みいただき、興味のある方は下記メールより必要事項をお送りください。
2017年11月末日が締切となります。

 

キャンディプロジェクト第七回舞台公演
「贋作 河童コッペリア」(仮題)

原作:芥川龍之介『河童』/サン・レオン『コッペリア
脚本・演出:キャンディ江口

 

【内容】
キャンディプロジェクト「近代文学翻案シリーズ」第三弾。芥川の『河童』と、バレエ作品として有名な「コッペリア」を混交させ、翻案して舞台化する。設定を現代日本におきかえたエンタメ作品。
※さらに詳細をご希望の場合は、メールでやりとりの際にお尋ねください。

【劇場】
 シアターグリーン BASE THEATER

【日程】
 2018年4月6~8日 本番

 4/4(水)小屋入り
 4/5(木)仕込み・ゲネ
 4/6(金)本番
 4/7(土)本番
 4/8(日)本番・バラシ

 ※ステージ数・時間等、最終調整中。

【チケット】
 当日・前売り:3,000円
 ※各種割引等、調整中

【ノルマ・バック】
 チケットノルマ:20枚
 チケットバック:1枚目より500円のバック、21枚目より1,000円のバック
 前預り金として、稽古初日に30,000円(ノルマ10枚分)を納入いただきます。
 バラシ後、その日のうちに完全精算。
 なお、稽古場代等はかかりませんが、交通費は各自の負担でお願いします。衣装や小道具など役者が購入したものは、バラシ後に諸々と併せて精算。

【稽古】
 2018年1月 顔合わせ
 2018年1月下旬~2月 週2~3回(平日夜1or2+休日半日1)
 2018年3月~ 週3回(平日夜2+休日半日1)
 場所は池袋近辺(十条駅等)または江戸川区公共施設・杉並区公共施設。
 稽古NG日や遅刻早退は応相談(すべての稽古に参加することが条件ではありませんが、なるべく多くの日に参加できる状況であるかご確認ください)

【劇団公式HP】
 
http://candyproject.hatenablog.com/

 

【応募について】
・応募条件は、ともによい作品を創り上げる情熱をお持ちの、健康な18歳以上の方。
・メールで疑問点等をやり取りした後、参加をご希望であればワークショップオーディションにお越しいただきます(参加費等はありません)。そこで、双方が納得した場合、ご参加いただくという形になります。
・メールは下記よりお願い致します

 hoi.candyproject@gmail.com

《ひな形》

 タイトル:2018年4月公演・役者エントリー
 本文:
 《お名前》(例:山田太郎)※芸名でも構いません。
 《年齢》(例:24歳)
 《性別》(例:男)
 《主な出演歴》(舞台や映像など、役者としての主な出演歴をお書きください。なくても構いません)
 《一言》(ご質問等がございましたらお願いします。やり取りのなかで疑問や不安が発生しましたら、些細なことでもお問い合わせ下さい。お互いにクリアな状態で作品づくりをしたいと考えています)
 《写真》(お顔が分かる写真があれば添付いただきたいですが、難しい場合はなくても構いません

『贋作イワンのばか』が、新聞「日本とユーラシア」で取り上げられました

f:id:hoi-candyproject:20170913002521p:plain

2017年3月に行った第六回舞台公演『贋作イワンのばか』が、新聞「日本とユーラシア」(2017年4月15日刊・第1479号)にて取り上げられました。

「日本とユーラシア」は、旧ソ連圏をテーマに刊行されている新聞で、原作がトルストイということで今回記事にしていただきました。

日本ユーラシア協会HP

【ワークショップ告知】カタログワークショップvol.3 9/30(土)

「演劇カタログワークショップ vol.3」
 主催:キャンディプロジェクト
 
下記の要領でワークショップを開催します。
 
【日時】
 9/30(土)13:00~18:30
【場所】
 一之江コミュニティ会館 集会室1・2

【参加費】
 1,500円
【定員】
 12名
 ※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます。
 
【内容】
「『ひとつの脚本』を複数の演出家が演出し、考え方や演出方法の違いを発見し楽しむ」というコンセプトのワークショップです。
役者として舞台公演に参加する場合、普通は一人の演出家の考え方にしか触れることができません。また、演出家にとっては、他の演出家がどのような方法で演出を行っているのか、実際に触れる機会は多くありません。第一回のカタログワークショップでは、著名な脚本でも演出家によって仕上がりがかなり違い、ディスカッションを通して様々な発見がありました。考え方の幅を広げたり、何かしらの殻を破りたいと感じている方にとって、意義あるワークショップだと思います。
また、自分の考え方に合う演出家(役者)を探す「マッチングの場」にもなります。
 
【当日の流れ】
・自己紹介後、簡単なシアターゲームを1つ
・「課題脚本A」について、2名の演出家によるオーディション
・配役発表のあと、約1時間で演出をつける
・実演
・ディスカッション
・「課題脚本B」について、2名の演出家によるオーディション
・配役発表のあと、約1時間で演出をつける
・実演
・ディスカッション
 
【参加演出家】
●有川義孝(ヘアピン倶楽部)HP
●大田雄史(芝熊)HP
●寒川守(劇団裸眼と眼鏡)HP
●キャンディ江口(キャンディプロジェクト)HP
 
【参加をご希望の方】
下記メールアドレスまでご連絡ください。また、ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
hoi.candyproject@gmail.com
 ※下記の要領でメールをお送りください。
  タイトル:ワークショップ参加希望
  本文:お名前(芸名でも構いません)、性別、年齢、所属劇団・事務所
 
【備考】
・当日は動きやすい服装をご持参ください。
・準備の都合上、直前でのキャンセルはご遠慮いただきますようお願い致します。
・ナンパや悪質な勧誘などを目的に参加された場合、あるいはワークショップ進行に支障をきたす場合、主催者の判断で退室していただくことがあります。…が、もちろんよほどのことがない限りそのようなことはありませんし、過去にそのような事例もありません。お気軽にご参加いただけると幸いです。

【ワークショップ告知】カタログワークショップvol.2 7/22(土)

「演劇カタログワークショップ vol.2」
 主催:キャンディプロジェクト
 
下記の要領でワークショップを開催します。
 
【日時】
 7/22(土)13:00~18:00
【場所】
 東葛西コミュニティ会館 集会室1・2
【参加費】
 1,500円
【定員】
 12名
 ※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます。
 
【内容】
「『ひとつの脚本』を複数の演出家が演出し、考え方や演出方法の違いを発見し楽しむ」というコンセプトのワークショップです。
役者として舞台公演に参加する場合、普通は一人の演出家の考え方にしか触れることができません。また、演出家にとっては、他の演出家がどのような方法で演出を行っているのか、実際に触れる機会は多くありません。第一回のカタログワークショップでは、著名な脚本でも演出家によって仕上がりがかなり違い、ディスカッションを通して様々な発見がありました。考え方の幅を広げたり、何かしらの殻を破りたいと感じている方にとって、意義あるワークショップだと思います。
また、自分の考え方に合う演出家(役者)を探す「マッチングの場」にもなります。
 
【当日の流れ】
・自己紹介後、簡単なシアターゲームを1つ
・「課題脚本A」について、2名の演出家によるオーディション
・配役発表のあと、約1時間で演出をつける
・実演
・ディスカッション
・「課題脚本B」について、2名の演出家によるオーディション
・配役発表のあと、約1時間で演出をつける
・実演
・ディスカッション
 
【参加演出家】
●キャンディ江口(キャンディプロジェクト)
●夢ノ島越前公園(夢ノ島企画)
●有川義孝(ヘアピン倶楽部)
●久間健裕(ネジマキトカゲ)
 
【参加をご希望の方】
下記メールアドレスまでご連絡ください。また、ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
hoi.candyproject@gmail.com
 ※下記の要領でメールをお送りください。
  タイトル:ワークショップ参加希望
  本文:お名前(芸名でも構いません)、性別、年齢、所属劇団・事務所

【外部出演】劇団カンタービレ春公演『新入社員のイジメ方』4/6~4/10

f:id:hoi-candyproject:20170327211801j:plain

f:id:hoi-candyproject:20170327211816j:plain

3月上旬に『イワンのばか』が終演して一月。

急な話ではありますが、今回ご縁があって劇団カンタービレさんの春公演に出演することになりました。演出の渡辺勝巳さんをはじめベテランが多い座組で、どんな作品が完成するのか胸が高鳴っております。

なお、胸が高鳴りすぎたのか激しい咳風邪に見舞われ、現在胸の痛みとも戦っております。早く咳よ止まれ…。

さて、お芝居の内容はと申しますと「社会派人情コメディ」という最近では少なくなってきたテーマを、愚直に熱く表現しております。誰にも見やすい素直な作品となっておりますので、ご来場いただけますと幸いです。

ご予約をご希望の方は、ページ中ほどにあります、キャンディプロジェクトのメールよりお願い致します。

 

【以下、公演情報】

 

劇団カンタービレ春公演

新入社員イジメ夢と希望とカレーライス

脚本/演出 渡辺勝巳

 

(株)山伍(やまいつ)商事の第三次就職試験を見事パスし、晴れて新社会人となった面々。最初の仕事、新人研修へと山奥の禅寺へ向かう。

そこで彼等を待っていたのは、過酷な研修と小さなスナックだった。

 

【公演日程】計7ステージ

4/6  (木) 19:00~
4/7  (金) 19:00~
4/8  (土) 13:30~/ 18:00~
4/9  (日) 13:30~/ 18:00~
4/10(月) 15:00~

 

【会場】

ウッディーシアター中目黒
中目黒駅徒歩8分)
http://www.woodytheatre.com/

 

【料金】

前売り 3,500円
当日  3,800円
U-19割   3,000円

※U-19割は満19歳以下の方がご利用いただけます。ご予約の上、当日受付にて年齢のわかる証明書を提示してください。提示がない場合は通常料金になりますのでご注意ください。

 

【チケット予約・お問い合わせ】

※下記メールアドレスまで、チケット申し込みのメールをお送りください。文面は《ひな形》をご参考ください。

hoi.candyproject@gmail.com

《ひな形》

 タイトル:『新入社員のイジメ方』チケット前売予約
 本文:
 《ご予約日時》(例:4/7(金)19:00~)
 《お名前》(例:山田太郎)
 《よみがな》(例:ヤマダタロウ)
 《人数》(例:2枚)
 《備考》

 

【公式HP】

https://www.tc-cantabile.com/

第六回舞台公演『贋作イワンのばか』3/3~3/5

 

f:id:hoi-candyproject:20170204020006p:plain2017年が明け、早ひと月が過ぎました。

時の流れは早いもので、昨年下半期にいくつか外部公演に出演していたのが、もうずいぶん前のことのように感じます。

さて、キャンディプロジェクトとして9ヶ月ぶりの舞台公演の準備が進んでまいりましたので、宣伝させてください。

今回は、文豪トルストイが晩年に残した短編小説『イワンのばか』を翻案し、舞台を現代に置き換え上演致します。第三回舞台公演『現代訳春琴抄―ハルノオト』(原作 谷崎潤一郎)で試みた、「近代文学を舞台で翻案するシリーズ」第二弾です。

個人的に大変思い入れのある作品です。私が小学生のころ、読書家だった祖母が「まずはこれでも読んでみい」と唐突に渡してくれた文庫本が『イワンのばか』でした。それからというもの、定期的に祖母は本を貸してくれました。すべての本に思い入れがあり、今の自分を構成する大切なパーツであると思っています。祖母は生涯のうちでトルストイの『戦争と平和』を最も愛し、死ぬまで寝室の書棚に飾っていました。「お前に『戦争と平和』はまだ早いから、まずはこれから」とくれた『イワンのばか』は、私という人間の一番土台に埋まっています。いつか舞台化したいと願っていた本作、今回全力で取り組むことにしました。

脚本執筆から稽古に至るまで、今回ほど悩んだ作品はありません。単純な寓話と思いきや、一歩足を踏み入れると、その深さははかり知れず。命をかけなければ表現できないとの覚悟を持ち、準備を進めています。

お時間許せば、ご来場いただけますと幸いです。

 

【公演PV】

映像制作:橋本裕介

 

【以下公演概要】

※チケットの取り扱い※については、中ほどに説明がございます。

3/4(土)14時の回は満席となりました。
3/4(土)19時の回は残席わずかです。

 

*****************************************************************************

キャンディプロジェクト第六回舞台公演
『贋作イワンのばか』
原作:レフ・トルストイ
翻案・脚本・演出:キャンディ江口

 

【あらすじ・みどころ】

イワンは馬鹿だ。愚鈍で純粋で善良な馬鹿だ。イワンは畑を耕し、豚の世話をしながら日々を暮らし、家族と共に幸せの内にいた。――悪魔たちに目をつけられるまでは
悪魔。人間に絶望をもたらすことを生業とする者。今日も彼らは耳元で囁く。あなたの人生に価値はあるのかと。
イワン悪魔劇的な戦いは、長い時間をかけて続く。どちらかが堕ちるまで――。

近代文学翻案企画・第二弾は、文豪レフ・トルストイ19世紀末に発表した短編小説『イワンのばか』。今回は、後期トルストイの死生観や哲学の詰まった本作を、エンターテイメンティックに大胆翻案する。イワンは馬鹿だ。イワンのようにはなりたくない。しかし、なぜこれほどまでに人を惹きつけるのだろうか

宮崎駿は『イワンのばか』について、このように語っている。「子供のころ、この本を読んでぼくはとても心をうたれました。ばかのイワンのように生きられたらどんなにいいか。でも、それはとてもむずかしい。自分にはできそうにありません。そう思うのに、ぼくは今でもイワンのように生きられたらと、時々思います

 

【日時】
3/3(金)19:30~
3/4(土)14:00~(満席)/19:00~(残席わずか)
 3/4(土)14時の回は満席となりました。
 3/4(土)19時の回は残席わずかです。
3/5(日)13:00~/17:30~

※開場は開演の30分前になります。
※開演の5分前までにご来場ください。

 

 

【料金】

当日/前売:3,000円

 

【会場】

池袋GEKIBA

http://www.gekiba.com/mt/access/index.html

※JR池袋駅西口 徒歩8分
東京メトロ副都心線 池袋駅「c3出口」より徒歩1分

 

【チケット予約・お問い合わせ】

※下記メールアドレスまで、チケット申し込みのメールをお送りください。文面は《ひな形》をご参考ください。

hoi.candyproject@gmail.com

《ひな形》

 タイトル:『贋作イワンのばか』チケット前売予約
 本文:
 《ご予約日時》(例:3/4(土)14:00~)
 《お名前》(例:山田太郎)
 《よみがな》(例:ヤマダタロウ)
 《人数》(例:2枚)
 《備考》

 

【出演者】

 Ryu☆
 谷川はる
 西谷太郎
 肥沼潤一(シャーマン)
 橋本裕介
 嶋田あや(劇団enji)
 大田雄史
 永榮紘実
 牧乃永慶(八角家)
 仲居凜
 夢ノ島越前公園(夢ノ島企画)
 池田慧
 キャンディ江口

 

【スタッフ】

 音響・演奏:MARASHOUT!
 照  明:斎川琴音
 舞台美術:寄口龍太(夢ノ島企画)
 宣伝美術:佐藤莉子
 制  作:榎本貴子